ゆらり花火

作詞:ふるっぺ|森さん    作曲:ふるっぺ


キレイだよ こっちだよと
君が僕の 手をひっぱってゆくの
駆け抜けた夜空に明かりが一つ
闇の中に 光っていた

空に白くモヤが掛かってる
そこはとても不思議な物語
あぁ夢の中で 僕のこの想いが
届いたのはそう 幻か

ユラリユラリ舞う花火に 君は見とれて
大好きと胸の中呟いたんだ
ピーナッツ型の 僕らは夜空に
ずっとずっと一緒に居ようねと 誓いました


月夜に 咲いた花が
いつのまにか 涙に染まってゆくの
キラキラ揺れる水たまりの上で
最後の時 過ごしていた

このまま目覚めなければ良いなぁ
ここはとても素敵な物語
あぁ夢の中は 君が近くにいる
ここにいればそう 幸せか

ヒラリヒラリ散る 花火は 終わりを告げて
過ぎてゆく時の中忘れてたんだ
君の姿が 消えてゆく前に
きっとまた会える日のこと 想いました


疲れた君はなぜか急に 大人しくなって
肩に顔をうずめていた
優しく眠る君の横顔を 僕はずっと見ていたい

ユラリユラリ舞う花火に 君は見とれて
大好きと胸の中呟いたんだ
今もどこかで 君は変わらないで
ずっとずっと笑ってること 願いました