One more time, One more chance

作詞:山崎将義    作曲:山崎将義

これ以上なにをうしなえば こころはゆるされるの
どれ程の痛みならば もういちどきみにあえる
One more time 季節よ うつろわないで
One more time ふざけあった時間よ
くいちがうときはいつも 僕が先におれたね
わがままな性格が なおさら愛しくさせた
One more chance 記憶に足を取られて
One more chance 次の場所を選べない
いつでも捜しているよ どっかに君の姿を
向いのホーム 路地裏の窓
こんなとこにいるはずもないのに
願いがもしも叶うなら いますぐ君のもとへ
できないことは もう何もない
すべてかけて抱きしめてみせるよ
寂しさ紛らすだけなら
誰でもいいはずなのに
星が落ちそうな夜だから
自分をいつわれない
One more time 季節よ うつろわないで
One more time ふざけあった時間よ
いつでも捜しているよ どっかに君の姿を
交差点でも 夢の中でも
こんなとこにいるはずもないのに
奇跡がもしも起こるなら いますぐきみに見せたい
新しい朝 これからの僕
言えなかった 好き という言葉も

夏の想い出がまわる
ふいに消えた鼓動
いつでも捜しているよ どっかに君の姿を
明け方の街 桜木町で
こんなとこに来るはずもないのに
願いがもしも叶うなら いますぐ君のもとへ
できないことは もう何もない
すべてかけて抱きしめてみせるよ
いつでも捜しているよ どっかに君のかけらを
旅先の店 新聞の隅
こんなとこにあるはずもないのに
奇跡がもしも起こるなら いますぐきみに見せたい
新しい朝 これからの僕
言えなかった 好き という言葉も
いつでも捜してしまう どっかに君の笑顔を
急行待ちの 踏切あたり
こんなとこにいるはずもないのに
命が繰り返すならば なんども君のもとへ
欲しいものなど もう何もない
君のほかに大切なものなど