戀文

作詞:五十嵐充    作曲:五十嵐充

君とふたり過ごした日々
青い空の下 何を想い
ひとつ、ふたつと目を瞑って
指折り数えた 愛しき日々...
いろんな君の仕草に恋をした
さざめき合う 風の中 愛を知った

僕が見つめる先に 君の姿があって欲しい
一瞬一瞬の美しさを いくつ齢をとっても
また同じだけ笑えるよう
君と僕と また、笑い合えるよう...

目には見えないものだから 時々不安で寂しくなり
痛々しくて もどかしくて
でも、 それが故の愛しき日々...
いろんな君を ずっと僕に見せて
きららかなる目の前に 愛を誓う

だから 例えば 僕のためと言って
君がついた嘘なら 僕にとってそれは 本当で
会えないこの間に少しずつ君が変わっても
想い続けられたら

成るようにしか成らない
そんな風にしては いつも手放してきたとこ
大切なものを信じ続けることは
とても耐え易くはないけど ほんの僅かでも

僕が見つめる先に 君の姿があって欲しい
一瞬一瞬の美しさを いくつ齢をとっても
また同じだけ笑えるよう
君と僕と また、笑い合えるように...