冬の魔法 (feat. 初音ミク)

作詞:IIG    作曲:IIG

白いカケラが ふわり舞い落ちて
浮かれた街に 涙ひとしずく
繋いだ手と手 ほどけてしまって
そっと君に囁くの

たったひとつ ささやかな願い
胸の中にずっと溶けずに残った
しまいこむにはもどかしすぎて
はく息がふるえました

いつだって
いまだって
出来るのは 歌うことだけでも
伝えられる
伝わるはず
願って──

この声は
君だけに届く魔法の言葉なのよ
信じてるから 想いをのせて

となえた冬の魔法
気付いてよ
私の全てを君の色に染めて欲しい
抱きしめて
額を重ねて
冷えた頬に熱をください (最後に)
最後に、そっと囁いて
唇重ねて

近くて遠い横顔眺める
溜息ついて両手暖める
繋いだ手と手 ほどけてしまって
何故か君は頑なで

たったひとつ 些細なきっかけ
胸の中にずっと刺さって抜けない
棘の痛みを我慢できずに
ふたり背をそむけました

いつだって
いまだって
出来るのは 歌うことだけで
じれったくて
泣き出したく なっても──

この声が
ふたりの指繋いでくれること願って
もう一度 ほら カケラに乗せて

となえた冬の魔法
追いかける
君の背中を見失ってしまわぬように
抱きついて
謝りたくても
素直になるのはちょっと苦手 (だけど)
だけど、そっと囁くの
君が好きなのよ

白く染まった街に降るカケラ
ひとつひとつが冬の魔法だよ
ほら、ね
またカケラ ふわりと舞う

白いカケラが ふわり舞い落ちて
浮かれた街に はしゃぐ君の声
繋いだ手と手 しっかり結んで
ふたり笑いました