SUGIZOが100年後に残したい音楽:897Selectors#83

  • 邦楽
KKBOX編集室

アーティストたちが影響を受けてきた音楽や、100年後も誰かの1心に残っていて欲しい曲をテーマにしたFMプログラム「KKBOX presents 897 selectors」(毎週木曜日20時からInter FMでOA中)。今回は日本を代表するロックバンド LUNA SEA、X JAPAN そして U.K.の伝説的トランス・ユニットJUNO REACTOR のメンバーとして、世界規模で活動中のSUGIZOさん。彼の音楽のルーツ、音楽を始めてから影響を受けた曲、100年後も誰かの心に残って欲しい曲などを伺います。

SUGIZOの原体験となった音楽

ルーマニア民族舞曲(バルトーク)/ オルフェウス室内管弦楽団  

ずっとクラシック音楽で育ってきた幼少期、自分で初めてカッコいいと思えたのが<バルトーク>で、響きの神秘さにやられました。当時から好きだった天文学や考古学にも<バルトーク>の音楽が結びついていきました。ベートーベンやバッハとは違って、自らが見つけ出した音楽です。

10代、20代の節目となった音楽

PERSPECTIVE / YMO

YMOにノックアウトされたのが中学1年生の頃で、そこで人生が変わってしまいました。アルバム的には「BGM」、「テクノデリック」が好きなんですが、1曲となるとこの曲なんです。短い間の活動でYMOは散開を迎えるんですが、その最後の楽曲のロマンティシズムがいい。当時の僕は、同じクラシック畑の坂本さんに惹かれていました。

Brilliant Trees / David Sylvian

放送では紹介されませんでしたが、〜10代、20代の節目となった曲、特に思い出に残っている曲〜として、SUGIZOさんが選らんだもう1曲は、David Sylvianの「Brilliant Trees」でした。 これは、1984年発表の1stソロアルバムからのタイトル曲でJon Hassellとの共作、教授がSyntheで参加しています。

音楽活動を始めてから影響を受けた音楽

Across the Universe / THE BEATLES

小さい頃は、ねじ曲がっていて、みんなが好きなものが嫌いで、ビートルズも聴かなかったんです(笑)。それが、1997年に突然John Lennonにハマって、これで人生が大きく変わったんです。音楽の凄さ、そしてJohnの声にやられた。また音楽を通して、自分の意思を妥協することなく表現するJohnの姿にも勇気をもらった。ちょうど20年前、音楽業界の人間関係に悩んでいた時期に、出逢いました。

Au Lait / Pat Metheny Group

元々Miles Davisに物凄く影響を受けていて、16歳のころにはJazz Guitaristになりたっかったんですよ。マイルズのほかにも、Jaco Pastoriusや渡辺香津美さんを聴いていたんですが、Jaco周りで、Pat Methenyに出逢ってハマりました。彼のギターの革命的なアプローチに惹かれたんです。憧れのギタリストです。

100年後も誰かの心に残っていて欲しい曲

Silver Moon / David Sylvian

僕にとっては神のような人。永遠の歌。この曲を聴くと走馬灯のようにそれまでの自分が蘇ります。

Where Are We Now? / David Bowie

David Sylvianと共に大きな影響を受けたアーティストがDavid Bowie。 自分にとって思春期の原体験であるBowieとSylvianを超える人は、出てきてません。 Bowieの晩年の曲で、地味な曲ですが、僕にとっては重要な曲です。

SUGIZOのいま

Daniela feat.Yoohei Kawakami / SUGIZO

最新作「ONENESS M」からの1曲!まずは<Alexandoros>のYoohei Kawakamiをフィーチャーしたナンバー。 「彼は天才!大きなギフトをもらって生まれてきた人。」 「どこまでも伸びる声とエゴがない澄んだ歌い方は素晴らしい。」 ちなみに詞はGLAYのTAKUROさん。

Rebellmusik feat.K Dub Shine / SUGIZO

RYUICHIさん、DIR EN GREYのsukekiyoさん、GLAYのTERUさん、Toshlさん、清春さんなど、豪華なヴォーカリストが参加しているこのアルバム、異彩を放っていたのがK Dub Shineさん。

この5年ぐらいの付き合いですが、同じ世代でいまだ活躍しているアーティストで、近い精神性とか社会的理念を持った数少ない仲間でもあります。

来年は早々にLUNA SEAのツアー、そして、X Japanの新作も来年には出るはずです。僕のレコーディング作業は99.9%終わっているので、ミックス作業が長引かなければ(笑)。ミックスに10年かかったらごめんなさい!


KKBOX編集室

KKBOX Japan編集室

関連アルバム

ギャラリー

関連記事