三代目JSB新ユニットがシェアハピ・ダンスで魅せる

  • 邦楽
西廣智一
毎年恒例となった11月11日の「ポッキー&プリッツの日」を目前に、9月からテレビでグリコ「ポッキー」の新CMを目にする機会が増えている。公園で幼稚園児がぬいぐるみを引っ張り合う中、ブラスの低音が効いた印象的なフレーズに合わせて登場する三代目 J Soul Brothersのメンバー3人(小林直己、岩田剛典、登坂広臣)がポッキーを手にオリジナルダンスを披露し、「シェアハピ? 」と語りかけるという内容だ。

(YouTube: Glico Japan グリコ公式)

大所帯グループの人気が定着すると、必ずといっていいほど生まれるのが派生ユニット。実は彼ら、「THE Sharehappi(シェアハピ) from 三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE」というユニット名が名付けられており、このCMソングも「Share The Love」と題され、10月15日から配信リリースされている。すでにKKBOXを通じてチェックしているリスナーも多いことだろう。

一度聴いたら耳から離れないあのブラスの低音リフは意外とクセモノなのだが、「Share The Love」を聴き始めるとそのフレーズがなかなか登場しない。しかし、EDMを軸とした爽やかな歌モノナンバーとして楽しんでいると、曲がピークまで盛り上がったところで“例のフレーズ”がついに登場。思わずニヤリとしてしまうのは、きっと自分だけじゃないはずだ。

どことなくコミカルかつシュールなこの曲は、“シェアハピ・ダンス”と呼ばれるTHE Sharehappiのパフォーマンスも見どころのひとつ。ポッキー公式サイトでは先のCM動画に加え、3人のパフォーマンスをふんだんにフィーチャーしたスペシャルムービーも公開中。すでに募集期間は終了してしまったが、完コピスタイルと創作スタイルに分かれた「シェアハピ・ダンスコンテスト」も実施され、「ポッキー&プリッツの日」にはグランプリを決めるイベントが都内で実施される。早くもメンバーが「打倒ランニングマン! 」と宣言しているだけに、今年の忘年会シーズンはTHE Sharehappiのシェアハピ・ダンスが巷を賑わせることになりそうだ。

(YouTube: Glico Japan グリコ公式)
西廣智一

音楽系ライター。2006年よりライターとしての活動を開始し、「ナタリー」の立ち上げに参加する。2014年12月からフリーランスとなり、WEBや雑誌でインタビューやコラム、ディスクレビューを執筆。乃木坂46からオジー・オズボーンまで、インタビューしたアーティストは多岐にわたる。

関連アルバム

関連記事