イトヲカシが100年後に残したい音楽:897Selectors#65

イトヲカシが100年後に残したい音楽:897Selectors#65

作成者
897 Selectors
最終更新

プレイリスト紹介

「KKBOX presents 897 selectors」 #65は、投稿動画総再生数2,500 万回以上、twitter フォロワー数60 万人越え、路上ライヴ総動員数 3 万人以上!という記録を持つ2人組音楽ユニット<イトヲカシ>のお二人です。伊東歌詞太郎さんと宮田”レフティ”リョウさんをお迎えして、「影響を受けてきた音楽」、「100年後も誰かの心に残ってほしい曲」など、それぞれの音楽ヒストリーをたっぷりと伺いました。

<TALK MEMO>
M1. Stand By Me / Ben E. King   (選曲:伊東歌詞太郎)
高校時代、仲の良かった友人と、終電で遠くまで行き、歩いて帰る。というリアル映画「スタンド・バイ・ミー」をやっていた時期があって、その友人5人で映画を見た際、サビの♪ダーリン、ダーリン♪の和訳が♪友よ、友よ♪となっていたことに感動し、余計に好きになった曲。ギター(2カポで弾くと簡単)を弾きながら歌える曲で、人生で一番歌った曲だと思う。

M2. Basket Case / Green Day (選曲:宮田“レフティ”リョウ)
94年リリースの大ヒット曲。洋楽を初めて能動的に聴いたきっかけがGreen Dayだった。「なんだ、このキャッチーでカッコよくてエネルギッシュな音楽は!」と思って音楽を掘り下げて聴くようになった。

〜音楽活動を始めてから影響を受けた曲〜
M3. Funny Bunny / the pillows   (選曲:伊東歌詞太郎)
山中さわおさんの歌詞が本当に好きで、どれもいいんですが、苦渋の選択でこの曲に。
「君の夢が叶うのは誰かのおかげじゃないぜ」というところが特にいい。シンプルだけどメロディも良い。客観的に見られないほど大好きなバンド。

M4. A Thousand Miles / Vanessa Carlton (選曲:宮田“レフティ”リョウ)
ピアノ名イントロランキング第1位!いつかこれを超えるイントロを作りたいと思っている。曲全体もドラマチックで、シンプルで、ずっと色褪せない。毎年年末に再生回数をチェックすると必ず上位に、、、結局聴いちゃう。

〜100年後も誰かの心に残っていて欲しい曲〜
M5. 空も飛べるはず / スピッツ (選曲:伊東歌詞太郎)
The pillowsと共にホント大好きなバンド。悔しくなるほどいい曲、いい詞を書いている。
スーっと入ってくるが、実は何を言っているか解らない歌詞もある。(笑)いいメロディ、いい歌詞、いい歌、、、100年後に残っているはず、、、。と。
その後も「正宗先生(と表現)愛」が止まらない伊東さんの話が止まりませんでした。

M6.  灯台 / 黒木渚 (選曲:宮田“レフティ”リョウ)
あえて同世代のアーティスト黒木渚をセレクト。アレンジを手伝った曲で、デモの時点からポテンシャルが高かった。普遍的でベイシックなバラードに仕上がっている曲。

〜現在のイトヲカシ〜

M7. さいごまで / イトヲカシ   
M8  カナデアイ / イトヲカシ  
2月にリリースの両A面シングル。受験生ひとりひとりに向けた楽曲。累計3万に及ぶ路上ライヴで得た経験を活かした面も。「一人一人に向き合う曲を歌いたい!1万人いたら、100%を1万回出す!」そんなベクトルで行きたい。4月29日からのツアーでも、そのベクトルは変わらず、目の前のお客さんに100%で行きたい!と思いを語った。