楽曲

華たち

試聴する フル再生

作詞:Ran     作曲:Ran・Akihiro Kawashima



小さな東京タワーに夢を描く
小さくっても大きく
あれば良いと思ってた

窓からの風に前髪揺れた頃
緑色のヨーヨーを振り回しては破れて

吹き出した水の色は無かった

君のキスを思い出したの
君は走る わたしも走る
追いつけなくて 両膝をついた
君は どこにいったの

仰ぐ空にね次は無くて
すり代るの待って癒すの
わたしの愛の教え方が
ひとつもなくなって わらっていた

小さな発見に心躍らせた頃
今よりももっともっと上を
見ていたはずで

迷いもなく向日葵が好きだった
君の味を思い出そうと
わたしは走る 水の中でも
追いつけなくて 涙を探した
君は 忘れた

殴る波には記憶を燃やして
掬われるの待っていたのよ
君への愛の教え方が
ひとつもなくなって わらっていた

さわぐ風には君がいて
音も匂いも鋭い眼も
水平線をなぞる影も
ひそめたくて何処も 触れずにいた

小さな東京タワーに夢を描く
小さくっても大きく
あれば良いと思ってた

収録アルバム

華たち
華たち
2021/02/26

楽曲一覧

    収録曲を見る