ガラスの星座

作詞:徳永英明    作曲:徳永英明

手をつなげるのは眠るときだけ
目を閉じたあなたと
離ればなれにならないように指先を繋ぐ

確かめ合うようなキスして
あなたの胸に耳を寄せて
胸の鼓動を聴くたびに…あなたとひとつになる

週末の行き交う流れに
逆らって歩いた
手をつなぐのが苦手なあなたの掠れた声捜し

言葉が見つからなくても
息を切らせあなたの前を
ここにいるよ、ここにいると無邪気に歩いてみる

時を超えて寄り添う星のように
二人繋ぐ運命だと教えて

瞬いていた星たちも
切なく朝に溶けてゆくよ
覚めることない夢までも儚く消えないよう

確かめ合うようなキスして
あなたの胸に耳を寄せて
胸の鼓動を聴くたびに…あなたに溶けだしてゆく