バタフライ

作詞:後藤正文    作曲:後藤正文

尖ったナイフみたいな心で
細長く意味もない日々を削る
積もった過去とか退屈とか
燃えないゴミの日に出して そのまま

宛先のない手紙みたいな
行き場も居場所もない僕らの
摺り込まれた夢や希望は
燃えないゴミの日に出して そのまま

半透明で不確かな膜が僕らの世界を包んでは
5メートルの現実感を
いつかなくして
見失っていって

暗闇の先の霞むような光
負から正の走光性
荒んだ僕は蝶になれるかな

折れる

消えかけた鈍い痛みまで
出来るなら捨てないでおいて そのまま

半透明で不確かな膜が僕らの世界を包んでも
5メートルの現実感を
忘れないでいて
ずっと繋いでいって

諦めの悪い世界が呼ぶ僕らを
ガラス製の欲望で覗いた先に何がある

暗闇の先の霞むような光
負から正の走光性
荒んだ僕は蝶になれるかな

折れる