風見鶏

作詞:小渕健太郎    作曲:小渕健太郎

何気なく交(まじ)わした約束が
心の道を照らすよ
あの日始まった物語の鍵となり
どんな扉も開けてくれた
てっぺんが見えないほど高い
フェンスの向こう側へと
夢だけ先に放り投げてよじ登り
祈りの陽を見つめてた

いつの日も 向かい風を探(さが)す 風見鶏のように
真っすぐ時代と立ち向かい 生きてゆきたい
逃げ出さないように 流されないように
心に 深く深く 突き立てた 風見鶏

泣きながら君がくれた手紙
財布の隅においてある懐かしい声をなぞるような丸文字に
何度力を借りただろう
譲れない想いを滲ませた
涙 乾かぬ道に
足跡もやがて消えゆく
そこに咲かせてゆこう 微笑みの花

いつの日か 朝焼けに飛び立つ 渡り鳥のように
幾重の願(ねが)いが 空の果てに弧を描くよ
佇む風の跡 たどればどこかで
きっと きっと待ってる 君想う… 'cause I believe my dream

優しさ見失ってまで強くなって 何を守れるのだろう
一番そばにあった笑顔が 咲く場所 探しているのに
いつの日か いつの日か もう一度あの街へ 君の待つ場所(ばしょ)まで
真っすぐ自分と立ち向かい 生きてゆきたい
弱い自分に勝てるなら 誰に負けたって良いさ
唇 噛みしめれば 聴こえるよ 君の声
いつの日も 風見鶏