楽曲

陽はまた昇るから

試聴する フル再生

作詞:小林壱誓     作曲:穴見真吾


陽はまた昇るから

悲しくなれる
それはイイことなんだよ
悲しむ⼈の気持ちを
守れる⼈になるから

寂しくなれる
それもイイことなんだよ
誰かが居た温もりに
⽣きられるから

思い出を思い出すとき
同じ気持ちになれるのかな
転んで開いた両⼿には
泥んこだらけの宝⽯だ
その輝きを忘れないように

時計がチクタク
24回刻んでるあいだに
⼀瞬の冒険を
その胸に刻んでいけ

晴れのち⾬のち腫れのち七⾊
びしょ濡れでも笑えるさ
焼き付けるんだ
受け⽌めるんだ
乗り越えるんだ

陽はまた昇るから

⼤⼈になれる
それはイイことなんだよ
まだまだ分からなくてもいい
それでも伝えておくぜ

優しくなれる
それもイイことなんだよ
説明なんて野暮だね
ララララ ラララ

助けのついてる⾃転⾞も
おろしたばっかのクレヨンも
がむしゃらに⾛らせてみて
思うまま

時計がシクハク
24回刻んでいるあいだに
秒針を追い越して
明⽇すら描いていけ

晴れのち⾬のち腫れのち七⾊
⼀⽣ぶん寝ても笑えるさ
疲れ切るんだ
それでイイんだ
夢を⾒るんだ

陽はまた昇るから

⼼の声すら聞こえるよ
それでも声が聞きたいんだ
⽣まれてきたそのときから
地球がみとめた引⼒だ
その始まりを忘れないように

時計がチクタク
24回刻んでるあいだに
最⾼の冒険を
いま胸に刻んでいけ

晴れのち⾬のち腫れのち七⾊
びしょ濡れでも笑えるさ
震えてるんだ
それでイイんだ
⽴ち向かうんだ

陽はまた昇るから