若葉

作詞:清水悠    作曲:清水悠
二人退屈な午後を抜け出して
乗り込んだ電車は日差しの中を走り出す
出来るだけ遠く 遠く連れてって
二人だけの時間がこのまま続くように

陽だまりが包む君の横顔
風に揺れる若葉のように
ざわめく想いがとまらない

ねぇ まっすぐに私だけを見てよ
夏の光 やわらいだその瞳に今
打ち明けたい

こんな穏やかに時間がたつ場所が
君のすぐ隣にあること知ってるの

風に誘われて訪れた笑顔
私だけのものならば この手を伸ばして触れたいよ

今 君の瞳は私だけを見てる
舞い降りたこの瞬間を逃せなくて
打ち明けたい

ねぇ まっすぐに私だけを見てよ
始まった君への思い
隠していられない

今 君の瞳は私だけを見てる
舞い降りたこの瞬間を逃せなくて
迷わないよ
今打ち明けたい