命咲く

作詞:ゆかな    作曲:ゆかな
風は何を抱き どこから来たのだろう
時の流れにさえ 従わずに

変わらない 想いを 変わらずに 紡いで
手から手に 水に 木々の緑に 託して越えてきた

命咲く 咲きつづける 枯れることを知っていても
誇らしく 美しく 逞しく 虚しさをも勇気として


声に意志は宿り 瞳は未来を指す
命の代わりなど どこにもない

ありふれた 響きが 真実を 伝える
なくしてたはずの温もりはきっと 忘れていただけ・・・

命降る 降りつづけて もう少し隠していて
傷跡におびえるこの身体をねじ伏せて立ち上がるまで


涙なら流せばいい 拭うより顔を上げて
滲んでく景色を見据えたまま 歌いつづける このうたを

命逢う この地球から 遥か遠く想いは旅立つ
言葉よ旋律よ風となり 再び時の向こうへと

命咲く 咲きつづける 枯れることを知っていても
誇らしく 美しく 逞しく 虚しさをも勇気として