雨の夜汽車

作詞:西条八十    作曲:古賀政男

雨の夜ふけの 夜汽車の笛は
なぜに身に染む 涙を誘う
窓のガラスに 君が名を
書いてあてない 旅をゆく

言えず分かれた 言葉の花が
濡れて泣いてる プラットホーム
君は今ごろ 傘さして
ひとり帰るか あの路を

青いシグナル しぶきにかすみ
過ぎる町々 見知らぬ駅よ
もしや二人の 心まで
遠くなったら なんとしょう