はなび

作詞:NARUMI, いっせー    作曲:いっせー

落ちて来そうなお天道様
とても近くて 溶けてしまいそう
首から背中を通る汗
私の気持ちも溶けてゆく

わた雲飛び乗って その向こうへ
果てなく続く青い海
すっと吸い込まれるように
気がつけはまたこの季節

あなたを見つけると自然と目で追ってしまう
でもあなたの視線の先には
いつもあの子がいた

眩しい陽射しの中を駆け抜けて
一夏の恋心 儚く空に消えた
さよなら あなたを想った日々よ
花火に隠すように
「好きだよ」ってそっと呟いた

蝉が歌えば朝日が登る
風に吹かれてただ歩いてみる
アスファルトの焦げた匂い
気がつけばまたこの季節

あなたが話すこと全部聞きたかった
でもあなたの心の中には
いつもあの子ばかり

眩しい陽射しの中を駆け抜けて
一夏の恋心 儚く空に消えた
さよなら あなたを想った日々よ
花火に隠すように
「好きだよ」ってそっと呟いた

これが恋だとはじめて気づいた
切なく苦しいほど とても愛おしくて
さよなら あなたを想った日々よ
花火を見上げるたび
あなた思い出すけど

恋の花火も移りゆく
「わたし好きな人が出来ました」