KKBOX Logo
KKBOX Logo

作詞:Kiyoshi Matsuo   作曲:Jin Nakamura


初雪にざわめく町で
見覚えのある
スカイブルーのマフラー

振り向いた知らない顔に俯く
あの人が部屋を出てから
このたいくつな町に二度目の冬

僕はまだ思いの炎消せずに
くすぶってる
ひとりでは愛してる証さえ
曖昧で切ないだけ

二人では優しく見守ること
続けられない…
もう一度会いたいと願うのは
痛みさえ愛しいから

ときめきをなくした永遠より
あつい刹那を

"さよなら"は僕から告げた
後悔ならば何度したことだろ
時間だけ巻き戻せたらいいのに
唇を薄く開いて"もう平気よ"と
つぶやいたあの人強がりと

ほんとは気づいていたよ
この僕でも
ひとりでは愛された記憶さえ
儚くてむなしいだけ

ふたりでは思い暖める意味
見つけられない
もう二度とあんなに誰かのこと
愛せないそう思ってた
でも今は情熱が目を覚ます
予感がしてる

初雪にざわめく町で
見覚えのある
スカイブルーのマフラー
振り向いた知らない顔に俯く

あの人が部屋を出てから
このたいくつな町に二度目の冬

僕はまだ思いの炎消せずに
くすぶってる
ひとりでは愛してる証さえ
曖昧で切ないだけ

二人では優しく見守ること
続けられない…
もう一度会いたいと願うのは
痛みさえ愛しいから

ときめきをなくした永遠より
あつい刹那を

"さよなら"は僕から告げた
後悔ならば何度したことだろ
時間だけ巻き戻せたらいいのに
唇を薄く開いて"もう平気よ"と
つぶやいたあの人強がりと
ほんとは気づいていたよ

この僕でも
ひとりでは愛された記憶さえ
儚くてむなしいだけ

ふたりでは思い暖める意味
見つけられない
もう二度とあんなに誰かのこと
愛せないそう思ってた
でも今は情熱が目を覚ます
予感がしてる

初雪にざわめく町で
見覚えのある
スカイブルーのマフラー
振り向いた知らない顔に俯く

あの人が部屋を出てから
このたいくつな町に二度目の冬

僕はまだ思いの炎消せずに
くすぶってる
ひとりでは愛してる証さえ
曖昧で切ないだけ

二人では優しく見守ること
続けられない…
もう一度会いたいと願うのは
痛みさえ愛しいから

ときめきをなくした永遠より
あつい刹那を

"さよなら"は僕から告げた
後悔ならば何度したことだろ
時間だけ巻き戻せたらいいのに
唇を薄く開いて"もう平気よ"と
つぶやいたあの人強がりと
ほんとは気づいていたよ

この僕でも
ひとりでは愛された記憶さえ
儚くてむなしいだけ

ふたりでは思い暖める意味
見つけられない
もう二度とあんなに誰かのこと
愛せないそう思ってた
でも今は情熱が目を覚ます
予感がしてる

収録アルバム

Lovers Again (The Finalist Version)

KKBOXを起動

作詞:Kiyoshi Matsuo   作曲:Jin Nakamura


初雪にざわめく町で
見覚えのある
スカイブルーのマフラー

振り向いた知らない顔に俯く
あの人が部屋を出てから
このたいくつな町に二度目の冬

僕はまだ思いの炎消せずに
くすぶってる
ひとりでは愛してる証さえ
曖昧で切ないだけ

二人では優しく見守ること
続けられない…
もう一度会いたいと願うのは
痛みさえ愛しいから

ときめきをなくした永遠より
あつい刹那を

"さよなら"は僕から告げた
後悔ならば何度したことだろ
時間だけ巻き戻せたらいいのに
唇を薄く開いて"もう平気よ"と
つぶやいたあの人強がりと

ほんとは気づいていたよ
この僕でも
ひとりでは愛された記憶さえ
儚くてむなしいだけ

ふたりでは思い暖める意味
見つけられない
もう二度とあんなに誰かのこと
愛せないそう思ってた
でも今は情熱が目を覚ます
予感がしてる

初雪にざわめく町で
見覚えのある
スカイブルーのマフラー
振り向いた知らない顔に俯く

あの人が部屋を出てから
このたいくつな町に二度目の冬

僕はまだ思いの炎消せずに
くすぶってる
ひとりでは愛してる証さえ
曖昧で切ないだけ

二人では優しく見守ること
続けられない…
もう一度会いたいと願うのは
痛みさえ愛しいから

ときめきをなくした永遠より
あつい刹那を

"さよなら"は僕から告げた
後悔ならば何度したことだろ
時間だけ巻き戻せたらいいのに
唇を薄く開いて"もう平気よ"と
つぶやいたあの人強がりと
ほんとは気づいていたよ

この僕でも
ひとりでは愛された記憶さえ
儚くてむなしいだけ

ふたりでは思い暖める意味
見つけられない
もう二度とあんなに誰かのこと
愛せないそう思ってた
でも今は情熱が目を覚ます
予感がしてる

初雪にざわめく町で
見覚えのある
スカイブルーのマフラー
振り向いた知らない顔に俯く

あの人が部屋を出てから
このたいくつな町に二度目の冬

僕はまだ思いの炎消せずに
くすぶってる
ひとりでは愛してる証さえ
曖昧で切ないだけ

二人では優しく見守ること
続けられない…
もう一度会いたいと願うのは
痛みさえ愛しいから

ときめきをなくした永遠より
あつい刹那を

"さよなら"は僕から告げた
後悔ならば何度したことだろ
時間だけ巻き戻せたらいいのに
唇を薄く開いて"もう平気よ"と
つぶやいたあの人強がりと
ほんとは気づいていたよ

この僕でも
ひとりでは愛された記憶さえ
儚くてむなしいだけ

ふたりでは思い暖める意味
見つけられない
もう二度とあんなに誰かのこと
愛せないそう思ってた
でも今は情熱が目を覚ます
予感がしてる