はさみ

作詞:黒木渚    作曲:黒木渚

はさみ

身を守るすべを知らなくて
引き出しのはさみを取り出した
鈍く光った表面に
本当の私が写っている

あなたに向ける
勇気は無いが
気休め程度になるだろう
憂鬱の類いを切り裂いてしまえば
凛として立ってられるのに
恥じる心さえ切り裂いてしまえば
大胆に生きてゆけるのに

冷たいはさみ
背中に当てれば
あの日と同じトリハダ
冷たいはさみ
背中に当てれば
何故だろう火傷よりも熱い

交差する二本の刃が
真ん中できつく抱き合えば
暗闇でさえも切り裂ける
美しいひとつのはさみになる

あなたは返事をくれるでしょうか
身勝手な私の申し出に
感性の類いを切り開いて行ければ
真夜中も正気でいれるのに
あなたと対をなして世界を見れば
「完全」になれる気がするのに

冷たいはさみ
背中に当てれば
あの日と同じトリハダ
冷たいはさみ
背中に当てれば
何故だろう火傷よりも熱い