いきるひとびと

作詞:キタニタツヤ    作曲:キタニタツヤ

やっと気づいた、
この命が誰のものかってこと。
真っ白の人生を、
自分の色で染めていくこと。
きみが彩る世界の主役は、
きみだけだけど。
「ずっと独りだ」なんて言わないでよ。

僕らいつかきっと、
答えにたどりつけるから。
歩くことをやめないでいよう。
誰もが誰かと呼吸を交わしあっていく。
一秒ずつを生きて。

ずっとわかってる、
僕らは僕らでしかないってこと。
「あの人」の人生は、
「あの人」だけに与えられたもの。
きっと僕らは、
少しずつどこかが欠けているから。
たった独りでいつも苦しんでいる、
「あの人」も。
僕も。君も。誰もが皆、
「人の間」でしか生きれなくて。
体温を寄せ合って、
凍える夜を乗り越えていく。
誰かと繋がることを、
恐れないでよ、ねぇ。

僕らいつかきっと、
答えにたどりつけるから。
歩くことをやめないでいよう。
誰もが誰かと呼吸を交わしあっていく。
一秒ずつを生きて。