夜が明けるまで

作詞:知    作曲:知

気が付いたら其処に転がった憂鬱
同じような日々の隙間から
僕は部屋を出る 夜が明けるまで
誰も居ない場所でゆらゆらしたい

煙草の煙がやけに目に染みた
あの日の言葉が思い出せないよ

君に僕の歌が響かなくなったら
僕のことはもう忘れてしまえよ
君の好きな本を読み終わってしまったら
あの部屋にはもう何一つ残らないんだよ

変わらない道を歩き続けてる
長い夢の中に居るみたいだ
錆び付いた気持ちも夜が明けるまで
誰かに伝わるわけじゃないし

煙草の煙が街に溶けていく
やるせない僕は何かになれるかな

君に僕の歌が響かなくなったら
この夜のことも歌にしてしまおう
それが今の僕の全てになってしまっても
あの部屋にはもう何一つ残らないんだよ

今も寂しいのは それはもう仕方ないのか
訳もなく虚しいのは それはもう仕方ないのか

君に僕の歌が響かなくなったら
馬鹿げてるなんて笑い飛ばしてくれよ
夜が明けるのなら 君に会えるのなら
「大丈夫」なんて騙されて僕は眠ろう