孔雀(アルバム・ヴァージョン)

作詞:荒木とよひさ    作曲:杉本眞人

ひとりぼっちで歌ってた
郷里(くに)を離れた小さなアパートで
夕やけ空の窓の向こうに
涙でちぎれた母の顔
あれは桜が咲いていた
アメリカ村の芝生の庭にも
兵隊さんの陽気なJAZZ(ジャズ)が
幼なごころに哀しかった
歌うことは 泣くことよりも
哀しいことだと知ったけど
みんな昔 昔のはなし
抱きしめたいほど懐かしい
舞台(うた)はわたしの 人生だけど
籠でさえずる 鶯(とり)じゃない
舞台(うた)はわたしの 生き方だけど
ラララ…ラララ…倖せは何処(どこ)…

ひとりぼっちで泣いていた
母の手紙を何度も読み返し
明日は帰ろう歌などやめて
カバンにつめこむ赤い靴
あれは小雪が降っていた
見知らぬ町のさびれた小劇場(こや)で
だるまストーブ抱えた指が
哀れなほどに真っ白だった
生きることは 死ぬことよりも
切ないことだと知ったけど
それも昔 昔のはなし
抱きしめたいほど懐かしい
舞台(うた)はわたしの 人生だけど
空を飛べない 孔雀(とり)じゃない
舞台(うた)はわたしの 生き方だけど
ラララ…ラララ…青空は何処(どこ)…

舞台(うた)はわたしの 人生だけど
籠でさえずる 鶯(とり)じゃない
舞台(うた)はわたしの 生き方だけど
ラララ…ラララ…生き方だけど...