楽曲

イチブトゼンブ

試聴する フル再生

「アナタは私の
ほんのイチブしか知らない」
勝ち誇るように笑われても
それほどイヤじゃないよ
生まれてくる前
聞いたようなその深い声
それだけで人生のオカズに
なれるくらいです

すべて知るのは
到底無理なのに
僕らはどうして
あくまでなんでも
征服したがる
カンペキを追い求め
愛しぬけるポイントが
ひとつありゃいいのに

もしそれが君の
ほんのイチブだとしても
何よりも確実にはっきり
好きなところなんだ
困った時 少し
まゆげを曲げてみせたり
抱きよせるとホッとするような
柔らかさだったり

すべて掴んだ
つもりになれば
また傷つくだろう
ほんとに要るのは
有無を言わせない
圧倒的な手ざわり
愛しぬけるポイントが
ひとつありゃいいのに

君にしかわからないこと
僕だけが見えていること
どれもホントのこと

すべて何かの
イチブってことに
僕らは気づかない
愛しい理由を
見つけたのなら
もう失わないで
愛しぬけるポイントが
ひとつありゃいいのに
それだけでいいのに