ヒ・ラ・ヒ・ラ淫ら

作詞:大津あきら    作曲:鈴木キサブロー
抱かれていても 抱かれてない
燃えさかっても
燃え尽きないのなら
ヒ・ラ・ヒ・ラ淫ら
あなたは夢にわたし腕に
しばられながら
堕ちてゆくわ今夜
ヒ・ラ・ヒ・ラ淫ら
優しさだけが
切り札だった 彷徨人
あなたとならとうなずいた
瞳で泣かせてよ ララバイ
ああ 乾いた絆を濡らして
笑って乱してよララバイ
どんな愛より謎めいて

涙は深く素肌に甘く
こぼしたいのに
漂うだけふたり
ヒ・ラ・ヒ・ラ淫ら
仮面をつけた
道化師のよう わたしは
つくり笑いが哀しくて
背中で奏でてよ ララバイ
ああ 忘れた夕陽を映して
炎でこわしてよ ララバイ
声にならない さよならを
瞳で泣かせてよ ララバイ
どんな愛より謎めいて