酒と流浪

作詞:滝川夏    作曲:宮下健治

旅に疲れて 飲む酒よ
だれをしのんで 酔えばいい
別れた女(ひと)か 亡くした友か
それとも 瞼の おふくろか
男 独りの さかずきは
寂しさ ばかり まとい付く

夢の向こうは また夢か
追えば逃げゆく 陽炎か
昭和の歌が しみじみ沁みる
おもいで 巡れば 走馬灯
男 この道 悔いはなし
それでも 遠い ふる里よ

橋の欄干(らんかん) カモメさえ
あてはないかと 聞いてくる
おまえもおれも お天道まかせ
それとも 人生 流浪か
男 見上げる 旅の空
今夜は 雨も 雪になる