吟遊詩人

作詞:阿久悠     作曲:日高富明/堀内護

吟遊詩人がギターをかきならし歌う歌は
特別の人じゃない普通の人のこと
あの時代愛してた仲間の青春を
歌ってきかせたいと今おもう

過ぎ去った時代だと思うも自由
愛らしいやつらだと思ってくれてもいい
あの時代愛してた仲間の青春を
歌ってきかせたいと今おもう

華やかに結ばれてすぐ他人になったやつ
旅だけが生きがいの孤独なやつのこと
喧嘩して殺された馬鹿馬鹿しいやつのこと
ツインベッドにこだわった同棲時代
一本の煙草を男同志でまわしのみするやつ
ありきたりの恋の悲劇演じたあいつ

大都会の羊飼いとわらわれるやつ
青春は愚かな遊びとふりかえるやつ
永遠のマドンナをさがし求めたやつ
行方さえつかめない冒険好きのやつ

どれももの悲しくて 愚かしくて
それだから 愛らしい それらの出来事
あの時代愛してた仲間の青春を
歌ってきかせたいと今おもう