シンクロニシティ

作詞:秋元康    作曲:シライシ紗トリ

悲しい出来事があると 僕は一人で
夜の街をただひたすら歩くんだ
背中丸め俯いて 行く当てなんかないのに
雑踏のその中を彷徨う
キープゴーイング (ウォウ…)
キープゴーイング (ウォウ…)

すれ違う見ず知らずの人よ
事情は知らなくてもいいんだ
少しだけこの痛みを感じてくれないか?
信号を待つ間にちょっとだけ時間をいいかい?

この気持ちが分かるはずだシンクロニシティ

きっと 誰だって 誰だってあるだろう
ふいに気づいたら泣いていること
理由なんて何も思い当たらずに 涙が溢れる
それは そばにいる そばにいる誰かのせい
言葉を交わしていなくても
心が勝手に共鳴するんだ
愛を分け合って
ハモれ (ウォウ…)
ハモれ (ウォウ…)

みんなが信じてないこの世の中も
思ってるより愛に溢れてるよ
近づいて「どうしたの?」と聞いて来ないけど
世界中の人が誰かのことを思い浮かべ

遠くの幸せ願うシンクロニシティ

だから 一人では 一人では負けそうな
突然やって来る悲しみさえ
一緒に泣く誰かがいて 乗り越えられるんだ
ずっと お互いに お互いに思いやれば
いつしか心は一つになる
横断歩道で隣り合わせた
他人同士でも 偶然

抱え込んだ憂鬱とか
胸の痛みも76億分の一になった気がする

きっと 誰だって 誰だってあるだろう
ふいに気づいたら泣いていること
理由なんて何も思い当たらずに 涙が溢(こぼ)れる
それは そばにいる そばにいる誰かのせい
言葉を交わしていなくても
心が勝手に共鳴するんだ
愛を分け合って
ハモれ (ウォウ…)
ハモれ (ウォウ…)
ハモれ