冬の道

作詞:熊木杏里    作曲:熊木杏里

みぞれ混じりの雪に濡れて
君と寄り添い步いたね
どこへ行こうか この手をつないで
白い吐息が暖かくて
あぁ 時が經てば
人は變わってゆく
君も忘れてゆくのでしょうか
今もこうして てのひら翳せば
戾れぬ あの冬の道
季節はいつでも變わらぬ姿で
私を殘してゆくばかり
いつか話した二人の夢は
若すぎたあの頃 見えなくて
あぁ せめて時が
緩やかだったなら
手を離すこともなかったのに
みぞれ混じりの雪が今年も
ひとり 心 降り積むる
戾れぬ あの冬の道