スッポンポンポン

作詞:ポン太    作曲:後藤秀一

ここは真夏のシーサイド
長めのコートにサングラス
怪しいか、怪しいか、
怪しいか見つかる前に
得意のハンドル握って
潮風うけて走り去った

ここは高級住宅街
あるあるおるおる貴婦人
見つかった、見つかった、
見つかった逃げろ早く
マンションから煙突つたって
やってみたものの捕まった

ほら体をたたけばホコリが出てくる
過去の悪事全部喋ります
謝りますから許して下さい
ゴメンナサイ・・・・。

全部脱ぎさって(それはつまり)
スッポポンポポンポポン
もう隠し事一つもないって(それはつまり)
スッポポンポポンポポン
意外と素敵 裸の体(それはつまり)
スッポポンポポンポポン
もう守る物何にもないって(それはつまり)
攻めるだけ大胆に

一度は死んだこの体
粗末な事に使いません
さらなる上を目指しつつ
金を貯めた貯めた貯めた
一回やってみたい夢のフルコース

どうせ生きているなら
スッポポンポポンポポン
誰が言ったか王様は裸
スッポポンポポンポポン
もうやけくそになって(それはつまり)
スッポポンポポンポポン
逃げて追われて捕まる姿(それはつまり)
スッポポンポポンポポン
生まれた時は誰も同じ(スッポポンポポンポポン)
スッポポンポポンポポン
もう守る物何にもないって(それはズバリ!!)
攻めるだけ大胆に

寒くても生きてる世の中だ
いつも温かい夢の中
背中にかみつく世の中に
追われるからまた逃げた
追われるからまた逃げた