慕情

作詞:菅三鶴    作曲:平尾昌晃

小菊模様の服を着て
飛騨の朝市歩きます
自分のために花を買い
自分のために抱えます
恋に別れた女がひとり
耐えてる姿は
昔も今も変りません
母によく似たあねさんかぶり
熱いほうじ茶すすめます

砂の色した服を着て
九十九里浜走ります
束ねた髪が狂おしく
束ねた髪が乱れます
恋に別れた女がひとり
泣いてる姿は
昔も今も変りません
何も知らない浜木綿が
日暮れの海辺に咲いてます

心の中でひっそりと
心の中で祈ります
恋に別れた女がひとり
たたずむ姿は
昔も今も変りません
木もれ陽ゆれて見えるのは
涙がにじんでいるのです