泣けばいいの

作詞:木本慶子    作曲:三留研介
「風の中は 雨の香りがする」
グレイの空 見上げながら
くりかえして あなたはつぶやく

思い切り泣けないのは
いつも通りの強がり
大好きなカーディガン
切ない肩にかけ
季節前の海を見てる

限りなく寄せて返す
哀しみはそこらじゅうに
そのたびに逃げたり
そのたびに傷つく
平気なふりをしてみせる

黙りこんだら つらくなるだけ
誰も一人きりじゃ 生きて行けない
そうでしょ?

泣けばいいの 今は泣けばいいの
胸の奥の曇り空を みんな洗い流して

泣けばいいの 今は泣けばいいの
つらかったね 頑張ったね
笑顔のために涙はあるから

霧雨が降り出したら
海岸に降りていこう
あなた一人だけが
さみしいわけじゃない
誰にでも私にもある

溜息だけが上手になって
暗い海の底で眠るばかりじゃ
いやでしょ?

嬉しいこと 心痛めること
困るぐらいたくさんある
これからも出逢うけど

泣けばいいの そして笑えばいい
泣いたあとの笑顔のこと
忘れなければいいと思うよ