JUNKLIFE

作詞:長澤知之    作曲:長澤知之

今日は何も無い日みたいだから散歩してるんだ
見晴らしのいい青空をミサイルが飛ぶ
「あら、昼間から流れ星よ。」と彼女は呑気を言う
「馬鹿だな。あれはUFOさ。」って僕が笑う

棘の無い薔薇を摘んだ子供たちが丘を走る
その光景を「時代」と割り切る平成さが
君にはまるで足りてないね そんなんじゃ辛いだろ?
それで良けりゃ良いし 悪けりゃ時代が悪い

友人は死後へのKEYも地球の温暖化も
金銭を上納することで済むと僕に張り付く
架け甲斐の無い橋を架けたい
大工の弟子の知り合いの末裔達の説く帰り道の無い

JUNKLIFE JUNKLIFE JUNKLIFE

彼女はアルカスの生まれ変わり そして僕のハニー
君の故郷に二人で行こう 僕が王になろう

昨日も何も無い日だったから散歩してたんだ
夜は彼女の家でバラエティを観てた
何だか笑うツボが違ってイラッと来ちゃってさ
人間なんてファンタジーだと思ったよ
ほら 壁に手を振る赤ん坊 遠吠えを止めない犬
家出したきり無言の帰宅な女の子
人間なんてファンタジーだと僕は思っちゃうんだ
リアルなんてファンタジーだと思っちゃうんだ

彼女はアルカスの生まれ変わり そして僕のハニー
君の故郷に二人で行こう 僕が王になろう

明日も何も無い日だろうから散歩しちゃうんだ
どこへ行ったって落ちて追い込まれるだけ
棘の無い薔薇を摘んだ子ども達が丘を走る
見晴らしのいい青空をミサイルが飛ぶ
ミサイルを仰ぎながら子ども達は丘を走る
あと数歩未来で断崖が待ってても
どこへ行ったって落ちて追い込まれるだけ