YASHA姫

作詞:maya     作曲:Aiji
はぐれないようにと
その手に引かれて歩いた
蝉時雨が祭りを夏色に染める
きつく締めた帯さえ解ける体温
月も溶けてく
何かが起こりそうな熱帯夜
誘いの言葉を仕向けた 二度目の着信
焦らした後のOK あれから二週間
人の波に押されて近付く唇
目をそらしたら完璧
思わせ振りなサイン
忍びない駆け引きも
慣れたもんね 違和感はない
「…照れるね」とか
言ったけれど あたし
そんな純粋じゃない
花弁が舞う夜空を見上げ
浮き世の刹那 重ね合わせる
行方知れずのあたしのハート
心ここに在らず
一夜限りの色沙汰もなく
やがて祭りは終わりを告げる
あなたの視線気付かないフリ
繋いだ手そのままで
向き合うことのない
矢印がいくつも飛び交う
諸行は無常 故 ?情?なんて茶番の御祭囃子
気紛れな流れ星 願いなど叶える気はない
その台詞 遮るように
あたしはただ涙 落とした
枯れ葉 舞散る 季節を迎え
浮き世の刹那 暦は巡る
行方知れずのあたしのハート
今もここに在らず
恋の夜長に胸焦がしても
過ぎた夏の日 戻らないのに
オレンジ色の記憶の中で
あの日のあなたを想う
その台詞を いま聴かせて と 夜空を見上げ
あたしは ただ 自分勝手に あなたを想う