転校生

作詞:池谷唯    作曲:池谷唯

空にシャワーを傾けて
虹を作り遊んでいる
あれから何年経つだろう 両手じゃ足りないくらいだ

今日からここに住むんだと
広い背中が僕に言う
植木が並ぶ木造のアパートのノブに手をかけた

明日は学校だからと
早く布団に入れられて
暗い部屋浮かび上がった木目が怖くて眠れない

明日から転校生
誰が どんな子が いるのかもわからない
みんなは 元気かな

そんな不安はどこへやら
校庭の隅に手を引かれ
僕の呼び名を考えて土に並べてくれた

いつの日か転校生
そんなこと忘れ
日が暮れてゆくまで
みんなと遊んでた

誰かの家のヘビイチゴ
くたびれた電話ボックス
うすいさんちのマンホール
ぼくんちにまた段ボール

ばいばい僕は転校生
きっとこうなるとわかってた
誰のせいでもないんだよ
別に泣いたりしてないよ

いつの日か転校生
そんな子がいたねと
思い出してくれたら それだけで嬉しいな

空にシャワーを傾けて虹を作り遊んでいる
あれから何年経つだろう
全てが幻みたいだ