もう恋なんてしない

作詞:槇原敬之    作曲:槇原敬之

君がいないと何にも できないわけじゃないと
ヤカンを火にかけたけど 紅茶のありかがわからない
ほら 朝食も作れたもんね だけどあまりおいしくない
君が作ったのなら文句も 思いきり言えたのに
一緒にいるときは きゅうくつに思えるけど
やっと自由を手に入れた
ぼくはもっと寂しくなった
さよならと言った君の
気持ちはわからないけど
いつもよりながめがいい
左に少し とまどってるよ
もし君に一つだけ 強がりを言えるのなら
もう恋なんてしないなんて 言わないよ絶対
2本並んだ歯ブラシも 一本捨ててしまおう
君の趣味で買った服も もったいないけど捨ててしまおう
男らしくいさぎよくと ごみ箱かかえる僕は
他の誰から見ても一番 センチメンタルだろう
こんなにいっぱいの 君のぬけがら集めて
ムダなものに囲まれて 暮らすのも幸せと知った
君あての郵便が ポストに届いているうちは
かたすみで迷っている
背中を思って 心配だけど
2人で出せなかった答えは
今度出会える君の知らないだれかと
見つけてみせるから
本当に 本当に 君が大好きだったから
もう恋なんてしないなんて 言わないよ絶対