ひとり花

作詞:中山京    作曲:野崎真一

どうせいつかは 別れるふたり
何も言うまい 憎むまい
祈る思いで 来たものを
夜の巷に 咲いて散る
花はわたしの ひとり花

好きと言われて 抱かれて泣いた
うぶなわたしの 恨みごと
いのちつきても 別れても
胸にしみこむ さみしさは
どうせあんたにゃ わかるまい

死ねと言われりゃ うれしいものを
死ねと言われぬ 身がつらい
馬鹿なおんなの 強がりを
かくすつもりは ないけれど
どこへ捨てよう あてもない