へへもひじ

作詞:PON    作曲:PON
ふてくされ顔で道ゆく人たち
眉間のハの字が窮屈そうです

道端ではしゃぎ倒す子ども達
目尻のヘの字がとても愛しい

僕もどちらか なり得るなら
ヘの字を浮かべていたいもんだ
君と

どちらかとゆうとずぼらな方だし
言われた事も忘れてしまう質(たち)

お金もない時間もないけれど歌いたい
大切なモノは大切にしたい

けど

僕にはなにができるの
誰も教えてはくれないよ
なぜ君はそばにいてくれるの
ふとした時すごく思うんだ

僕には何もありやしないよ
それでも側にいてくれるのかい
君は

アルバイト帰り今日は遠回り
奇跡がどっかで起きているらしい

僕には関係のないお話
遠回りも辞めて君のとこまで

行こう

僕には何ができるか
考えてみた夜だった
君の側にいれるなら
それだけ、それだけで良かった

僕には何もありゃしないよ
それでも君のそばにいたいよ
ずっと

たまの休みに隣の街まで
目尻のヘの字を4つ浮かべて