KKBOX Logo
KKBOX Logo

作詞:Tatsuro Mukai   作曲:kamomekamome


まるでロビー一面に散らばる薬英の様だった
掃除が大変だったのだろう
溜息を漏らす彼に話の続きを促す
億劫そうに口を開いた
床に目を落とし それを聞き入った

折り返しこくれないか 出来るだけ早く
と急かす留守電を消した

ディスプレイに映る名を見る 久しく見ぬ表示にたじろぐ
恐らく相手もまた同じく 繋がる事に対しこ驚くだろう
私達の関係などは とっくに無かった事になっていたのだから

遠ければ遠い程に 近くなる靴底の音

暫くだな どうしてた? などと言う会話を省いて本題に入る

雨が降る ここの所ずっと雨ばかり降る
いっそこの想いも祈りも土に還してくれないかと話し掛けても
間く耳すら持たず 窓をつたって行った

では済んだら声を掛けてくれ とだけ残して
彼は管理人室に戻った
早速準備に取りかかろうと
鞄に手を伸ばしたその時に 背後に気配を感じた
振り返ればきっと居るに違いないだろうな

雨が降る ここの所ずっと雨ばかり降る
いっそこの想いも祈りも土に還してくれないかと話し掛けても
聞く耳すら特たず 木々を濡らして喘がせる為だけに
窓をつたっ行った

近づけば近づく程に 遠くなる靴底の音

劇団ノーサンキュー

KKBOXを起動

作詞:Tatsuro Mukai   作曲:kamomekamome


まるでロビー一面に散らばる薬英の様だった
掃除が大変だったのだろう
溜息を漏らす彼に話の続きを促す
億劫そうに口を開いた
床に目を落とし それを聞き入った

折り返しこくれないか 出来るだけ早く
と急かす留守電を消した

ディスプレイに映る名を見る 久しく見ぬ表示にたじろぐ
恐らく相手もまた同じく 繋がる事に対しこ驚くだろう
私達の関係などは とっくに無かった事になっていたのだから

遠ければ遠い程に 近くなる靴底の音

暫くだな どうしてた? などと言う会話を省いて本題に入る

雨が降る ここの所ずっと雨ばかり降る
いっそこの想いも祈りも土に還してくれないかと話し掛けても
間く耳すら持たず 窓をつたって行った

では済んだら声を掛けてくれ とだけ残して
彼は管理人室に戻った
早速準備に取りかかろうと
鞄に手を伸ばしたその時に 背後に気配を感じた
振り返ればきっと居るに違いないだろうな

雨が降る ここの所ずっと雨ばかり降る
いっそこの想いも祈りも土に還してくれないかと話し掛けても
聞く耳すら特たず 木々を濡らして喘がせる為だけに
窓をつたっ行った

近づけば近づく程に 遠くなる靴底の音