奴ら

作詞:マドナシ    作曲:キツネの嫁入り

知らないうちに、我々は囲まれている。
いつの時代も、似たようなやつはいるよ。
品定めは、そう、いつも周りの仕事さ。
外野は笑うよ、その手に何もないから。

傍観者でもあり当事者でもある毎日。
誰のせいでもないよ。誰の悲しみでもないよ。
品定めはそう、群がる奴らの仕事。
外野は涙する、その手に何もないのに。

それで、何か変わったかい?それで、何か満足かい?

くだらない時代かい くだらないおとなたちかい?
それ言ってりゃそう、何か満足かい。
目の前の時代は未来、「我々」そのものなのさ。
自分自身否定する前に、ちょっと考えてみなよ。

それで、何か変わったかい?それで、何か満足かい?
それが、奴らの終わりさ。聞こえるかい、始まりの音を。

気づかないうちに我々は選んでいる。
気づかないうちに我々はあきらめている。
気づかないうちに後悔すら忘れてる。
届かない言葉は今聞こえるこの歌さ。

大体がそう 言いたいのはそう。消えない 忘れない 変わらない。
この時代を嘆かない。傍観者でもあり当事者でもあるよ。
どこにいても、手に入るし どこにいても、手に入らない。
どこにいても同じさ。
そう簡単に総辞職しない。そう簡単にそう、あきらめきれない。

それで、今を変えるのさ。そして、聞こえないふりはしない。
それが、奴らの終わりさ。聞こえるかい、始まりの音を。