ぐにゃっと曲がった

作詞:秋元康    作曲:YAYI

揺れてるみたいだ
アスファルトの向こう側
恋なんて陽炎

うだるような真夏の午後
猫も動かない
君はどこにいるのだろう?
自転車漕ぐ気になれない(会いたいのに)

この街から風が消えて
汗が流れ出る
僕は何もしたくないよ
君を探すなんてまっぴらだ

クラスメイトだったあの頃は
いつも近くにいた
大人になってしまったからか
もう純粋に走れないよ

ぐ ぐ ぐ
ぐにゃっと曲がった何か
暑さのせいじゃない
もっと まっすぐに恋してた
ぐ ぐ ぐ
ぐにゃっとしちゃったものは
僕の大事な
青春だった
もうあんなに本気になれない (だって)
揺れてるみたいだ
アスファルトの向こう側
恋なんて陽炎

手に持ってたアイスキャンディー
溶けてベトベトだ
キレイごとにできやしない
君をずっと追いかけてるなんて…

時は流れ 卒業してから
何年経つのかな
あんなにしたかったキスなのに
もういい加減 飽きたかもね

ぐ ぐ ぐ
ぐにゃっと曲がったものは
景色の方じゃない
変わり果てたのは僕なんだ
ぐ ぐ ぐ
ぐにゃっとしちゃってごめん
君を今でも
大好きなのに…
そう心は離れ離れだ (ちょっと)
めまいのようだね
夢じゃなくて現実さ
目の前に蜃気楼

季節がまた巡り
夏が来るなら 同じことさ
もう君を追いかけて行けない
だって暑くて やる気出ないよ

ぐ ぐ ぐ
ぐにゃっと曲がった何か
暑さのせいじゃない
もっと まっすぐに恋してた
ぐ ぐ ぐ
ぐにゃっとしちゃったものは
僕の大事な青春だった

ぐ ぐ ぐ
ぐにゃっと曲がったものは
景色の方じゃない
変わり果てたのは僕なんだ
ぐ ぐ ぐ
ぐにゃっとしちゃってごめん
君を今でも大好きなのに…
そう心は離れ離れだ (ちょっと)
めまいのようだね
夢じゃなくて現実さ
目の前に蜃気楼