KKBOX Logo
KKBOX Logo

作詞:ケツメイシ   作曲:ケツメイシ


街に溢れる ケーキ売りにサンタ
街路樹に イルミネーションが咲いた

冷たい風は 心地良く
今日は君と二人で どこに寄る?
まずは映画? それとも食事?
なんて聞くだけ聞いて 決まってるとうに
とか思うだけで 弾む足取り
喜ぶ顔が大事さ 何より

君と出会って 互い支え合って
迎える初めての冬であっても
大した事など出来ない
ただこれからも 共に笑っていたい
さあ急ごう 君が待つ場所へ
今日は特別な日になるかもね
こだまするシングルベルに歌う
二人だけの メリークリスマス

君と過ごす 初めてのクリスマス day
歩く人波 かき分けて行く
今年は一人じゃない クリスマス day
弾む足取り こらえて笑う
足取りは 君の待つ場所へ向かう
人波はやがて 雪へと変わってく
もうすぐで君と手を繋ぎ笑う
平凡だけど 君とのメリークリスマス


朝から何も手につかず
はやる気持ちが 時間追い抜かす
やがて静かに 夜は街を包む
足早 華やか 並木道くぐる
あれこれ悩んで 歩き回って
やっと見つけた このプレゼント
誰より先に渡したくて その笑顔に会いたくて

今年一番の思い出 残したい
まさかの雪なんて 奇跡起こしたい
大事な夜 派手に飾りたい
重ねたい 寄り添う想い
遠くで聞こえる 聖歌に乗せて
二人の夢 夜空に届け
気の効いた歌 歌えないが伝えたい
僕の言葉で メリークリスマス

君と過ごす 初めてのクリスマス day
歩く人波 かき分けて行く
今年は一人じゃない クリスマス day
弾む足取り こらえて笑う
足取りは 君の待つ場所へ向かう
人波はやがて 雪へと変わってく
もうすぐで君と手を繋ぎ笑う
平凡だけど 君とのメリークリスマス

また来年も冬が来て 今日のように
白い雪が降ったら また君と肩を並べ
歩いていたいと願う 聖なる夜

君と過ごす 初めてのクリスマス day
歩く人波 かき分けて行く
今年は一人じゃない クリスマス day
弾む足取り こらえて笑う
足取りは 君の待つ場所へ向かう
人波はやがて 雪へと変わってく
もうすぐで君と手を繋ぎ笑う
平凡だけど 今年のメリークリスマス

聖なる夜に

KKBOXを起動

作詞:ケツメイシ   作曲:ケツメイシ


街に溢れる ケーキ売りにサンタ
街路樹に イルミネーションが咲いた

冷たい風は 心地良く
今日は君と二人で どこに寄る?
まずは映画? それとも食事?
なんて聞くだけ聞いて 決まってるとうに
とか思うだけで 弾む足取り
喜ぶ顔が大事さ 何より

君と出会って 互い支え合って
迎える初めての冬であっても
大した事など出来ない
ただこれからも 共に笑っていたい
さあ急ごう 君が待つ場所へ
今日は特別な日になるかもね
こだまするシングルベルに歌う
二人だけの メリークリスマス

君と過ごす 初めてのクリスマス day
歩く人波 かき分けて行く
今年は一人じゃない クリスマス day
弾む足取り こらえて笑う
足取りは 君の待つ場所へ向かう
人波はやがて 雪へと変わってく
もうすぐで君と手を繋ぎ笑う
平凡だけど 君とのメリークリスマス


朝から何も手につかず
はやる気持ちが 時間追い抜かす
やがて静かに 夜は街を包む
足早 華やか 並木道くぐる
あれこれ悩んで 歩き回って
やっと見つけた このプレゼント
誰より先に渡したくて その笑顔に会いたくて

今年一番の思い出 残したい
まさかの雪なんて 奇跡起こしたい
大事な夜 派手に飾りたい
重ねたい 寄り添う想い
遠くで聞こえる 聖歌に乗せて
二人の夢 夜空に届け
気の効いた歌 歌えないが伝えたい
僕の言葉で メリークリスマス

君と過ごす 初めてのクリスマス day
歩く人波 かき分けて行く
今年は一人じゃない クリスマス day
弾む足取り こらえて笑う
足取りは 君の待つ場所へ向かう
人波はやがて 雪へと変わってく
もうすぐで君と手を繋ぎ笑う
平凡だけど 君とのメリークリスマス

また来年も冬が来て 今日のように
白い雪が降ったら また君と肩を並べ
歩いていたいと願う 聖なる夜

君と過ごす 初めてのクリスマス day
歩く人波 かき分けて行く
今年は一人じゃない クリスマス day
弾む足取り こらえて笑う
足取りは 君の待つ場所へ向かう
人波はやがて 雪へと変わってく
もうすぐで君と手を繋ぎ笑う
平凡だけど 今年のメリークリスマス