2月のセプテンバー

作詞:千野隆尋    作曲:千野隆尋

心に刺さったトゲは まだ抜けないままで
言わなかった言葉が ぶつかって痛む

まぶたにかかった日差し 汗ばんだ背中
死にたくなった2月は 勘違いの温度

話し合って 擦れ合って すれ違って
いなくなって見上げたなら 何が降る?

二度と来ない今日に傘を差して まぶた裏の方で君を待った
記憶たどる香り ともる灯り そうずっと
風が歌う今日に耳塞いで 悲しい声は噛み殺して
ひどい夢の終わり 君の言葉 そうずっと
待ってるんだよ

何も無かったようでいて こんなにも溢れて
二人はきっと昨日も 特別な記念日

話し合って 擦れ合って すれ違って いなくなって
いなくなって いなくなって 雨が降る

ここにいない今日に傘を差して 思い出の無い場所で待った
深く沈む帳 滲む灯り そうきっと
雨が鳴らす今日に耳塞いで 優しい音を待ち望んで
ひどい夢の終わり 白く染まればきっと

街に何千個の傘の花
道に何千個の雨の花
胸に何千個の日々の花

街に何千個の傘の花
道に何千個の雨の花
胸に何千個の日々の花

君はどこだ?

二度と来ない今日に傘を差して まぶた裏の方で君を待った
記憶たどる香り ともる灯り そうずっと ずっと

ここにいない今日に傘を差して 思い出の無い場所で待った
深く沈む帳 滲む灯り そうきっと

雨が鳴らす今日に耳塞いで 優しい音を待ち望んで
ひどい夢の終わり 白く染まればきっと

帰って来ると 思ってるんだよ
根拠なんて無く 思ってるんだよ

雪になったら…