屋上に昇って

作詞:山中 さわお    作曲:山中 さわお
誰かの予言通りに
両手を広げた闇の
足音が聞こえる
天にも届く摩天楼
欲張ってはじけたルールの
抜け殻みたいだ

屋上 に昇って ボンヤリ空の下
理由もなくキミの名を呟いた
寂しくないのに どうしてかな
穏やかな休日 の
黄色い景色にいつしか何かをマヒさせて
足元ばかり見てたけど
考 えたふりしてるだけじゃ明日は幻だ
もしも僕が王様になっても
誰もが望む世界は作れないよ
神様そうだろう どうしてかな

屋上 に昇って ボンヤリ空の下
理由もなくキミの名を呟 いた
寂しくないのに どうしてかな
偶然でかまわない
幸せの形 がいつか重なればいいのに…