起跑線

作詞:伊東歌詞太郎    作曲:伊東歌詞太郎

熱い太陽が乱反射して
細めた僕の目に焼き付いた
何年経っても写真みたいに
この瞬間を思い出すかな

抱え込んだ不安で進めなくても
見つめていてゴールだけを

走り出せスタートラインは足下にある
君だけのピストル鳴らして
未来は探し求めても見つかりはしない
だってほらもうすでに君の中

高鳴る鼓動はトキメキじゃない
緊張と不安で苦しいんだ
逃げたい気持ちのその正体は
いつか気づくよ自分自身だ

飛び出す直前は窮屈だろう
一度きりの瞬間へと

確かめたい僕の世界の果ての果て
どこまでだって先の見えないその向こうへ

走り出せスタートラインは足下にある
君だけのピストル鳴らして
未来は探し求めても見つかりはしない
だってほらもうすぐに君の中
だってほらもうすでに君の中