なつ

作詞:セツコ    作曲:針原翼

最上階段滲む 藍がベルを鳴らしたって
もう響かなくて
手元で握ってた 僕の正は
机上論なんだろ 何も見えないや

ト書き通りと 日々偽って
さらけだした 切はどこへ
もう痛いな 怖いや 嫌いだ そんな非常識な

人間だらけです 不公平まみれです
置いてかないで 待ってって縋って
憔悴 もう何も分からなくて
もう最低に 腐蝕されてく僕を
まだ知らぬ 蝉騒 夏が笑ってる

最上階段滲む 終がドアを鳴らしたって
もう聴こえなくて
愛想も甲斐性もないや 戦慄
僕は何を見れば 何を見ればいいの
ってさ こうやって 何十回百回
朝を殺したって
なんで

空説だらけです 情けないばかりです
安寧は手を伸ばせば近くて
それも届かなくて 触れなくて
そう 傀儡に 破壊されていく僕を
まだ知らぬ 狂騒 君が笑ってよ 笑ってよ

バイバイ 穢れなき僕よ
鈍色を吸って吐いて 泣き出した
雑踏 そっと 首を絞めたって

過去よ いなくなんないで
もっと有象を殴っていろ
どうしようもない桃源はなくて
構想の足元はぐらついて
こんな海底に 呑まれていく僕を
もう要らぬ 寂寥 夏を攫ってよ 攫ってよ

日々揺らいでった 生命は蝿になり
愛おしかった怠惰は 宵に消える
なぞってズレた 直して壊した
叫んだ 喚いた 僕が悪いの?
僕はただ