六月の秘密基地

作詞:     作曲:

星宿るこの街 青春の煌めき
六月の梅雨入り空
あの高い塔を目指して

口ずさんだ あの歌はいつも
無くしていた 日々を思い出させた
絶え間の無い 笑い声と
優しいこの場所

星宿りの街で 見上げていた塔から
紡ぎだす物語が 君にも届くといいな
一人きりが寂しい時には
ほら ここへおいでよ

今足早に 過ぎてく季節は
急かすように 僕らを大人にした
大切にしてたものさえも
置き去りにしたまま

星宿りの街で 見上げていた塔から
紡ぎだす物語が 君にも届くといいな
一人きりが寂しい夜には
ほら ここへおいでよ

(星宿るこの街で 君に 会えたらいいな)

耳を澄まして(耳を澄まして)
音に合わせて(音に合わせて)
君のために 踊り続ける
夜が明けるまで

誰かの言葉に 傷ついてしまうのは
誰かを信じてたいと 思っているから

星宿りの街で 見上げていた塔から
響き出した音楽が 僕らを繋ぐといいな
時がいつか 夢の形を
変えてくとしても