セブンティーン

作詞:     作曲:

窓の外を飛行機雲が滑った
退屈は何か始まる予感だった

終わらないものなんでないって言うじゃん
そんなの簡単には言えないよ だって

子供だとか 大人だとか
割り切れない あまりの部分

まだ飛べるのかなぁ どこまで行けるかなぁ
誰にも言えなくて 飲み込んだ憧れ

君の肩に降る 差し込んだ日差しが
キラキラ光るから その眩しさに いっそ泣きたくなるけど

期待するだけ不安は募って
期待される事も同じになって

描いた夢 なぞった日々
変わらないまま 変わっていく事

でも笑えるかなぁ それだけでいいのに
誰かの言葉に 噴き出したみたいに

僕の両足に 吹き荒ぶ木の葉が
しらじらと舞うから その冷たさに いっそ笑うしかなくて

聞けないのは 言えないから
言えないのは 怖かったから

まだ飛べるのかな どこかへ行けるかなら
話してみようかなぁ 打ち明けてみようかなぁ

君の立つ未来が 僕の居る世界が
キラキラ光るから そんな気がした退屈な昼下がりに