作詞:wowaka   作曲:wowaka


誰が止められるというの 心が叫んだ声を
ああ 今すぐに伝えなくっちゃ いけない気がしたんだよ
世界はなぜだか知らん顔 僕はいつも空回り
ああ 出会いの数は1つで良い。 君がそこにいさえすればいい

何処に行くにも彷徨って 間違うばかりの日々だ
ああ 僕はうまくやれるかな また泣きそうになったよ
「きっとあなたは大丈夫」「とても強い人だから」
その言葉の奥で笑う顔 いつも救われていたの

何億通りの細胞で 反応したあの日の君だって
この胸に刻まれた痛みは 想像なんてしてましたか
これほど繰り返した感情で 一体何を答えたらいい?
これだけ積み重ねた年月で 一体何を歌えばいい?

忘れられるはずもないけど 君の声を聞かせてほしくて
泣きじゃくれる場所を見つけて 叫んでしまいたいだけ

ひとりきりでも続く生 夢の終わりを告げる声
誰も居ない道を行け 誰も止められやしないよ
また一歩足を踏み出して あなたはとても強い人
誰も居ない道を行け 誰も居ない道を行け

どれだけ涙を流して 明けない夜を過ごしただろう
その全ての夜に意味はある そう信じて止まないんだよ
きっとあなたは大丈夫 誰より一人を知ってる
この言葉の意味すら超えてさ とても強い人だから

何千何万回繰り返した 自問自答の果てはどうだ
孤独だとか騙さだとか 私以外の誰もわかるはずがない
掃き溜めのなく光る宝石に その瞬きにうずくまって
でも一体私は誰なんだって 呼べるほど弱くはなくて

色褪せる誇りを知れたのは 誰でもなくあなたのせいで
僕はどれだけ何を与えることが できていたのでしょうか

この胸にこの歌一欠片の 灯りの意味を今言うよ
喜怒哀楽 全てが僕の譲れない光だってこと

どこにでも行けるはずだ その光に従って
何も言わずともきっと 君は知っているはずだろう
その一歩足を踏み出した あなたはとても強い人
誰も居ない道を行け 誰も居ない道を行け

疑うことばかり覚えた 僕らが立つ未来で
声を枯らして 叫びたい 叫びたいと
夢を歌うことすら忘れていたけれど
今どうしようもなく 伝えたい

忘れられるはずもないだろう 君の声が今も聞こえる
泣き笑い踊り歌う 未来の向こう側まで行こう

ひとりきりのこの道も 覚めない夢の行く先も
誰も居ない道を行け 誰も止められやしないよ
また一歩足を踏み出して あなたはとても強いから
誰も居ない道を行け 誰も居ない道を行け

ポラリス

試聽 在 KKBOX 中開啟

作詞:wowaka   作曲:wowaka


誰が止められるというの 心が叫んだ声を
ああ 今すぐに伝えなくっちゃ いけない気がしたんだよ
世界はなぜだか知らん顔 僕はいつも空回り
ああ 出会いの数は1つで良い。 君がそこにいさえすればいい

何処に行くにも彷徨って 間違うばかりの日々だ
ああ 僕はうまくやれるかな また泣きそうになったよ
「きっとあなたは大丈夫」「とても強い人だから」
その言葉の奥で笑う顔 いつも救われていたの

何億通りの細胞で 反応したあの日の君だって
この胸に刻まれた痛みは 想像なんてしてましたか
これほど繰り返した感情で 一体何を答えたらいい?
これだけ積み重ねた年月で 一体何を歌えばいい?

忘れられるはずもないけど 君の声を聞かせてほしくて
泣きじゃくれる場所を見つけて 叫んでしまいたいだけ

ひとりきりでも続く生 夢の終わりを告げる声
誰も居ない道を行け 誰も止められやしないよ
また一歩足を踏み出して あなたはとても強い人
誰も居ない道を行け 誰も居ない道を行け

どれだけ涙を流して 明けない夜を過ごしただろう
その全ての夜に意味はある そう信じて止まないんだよ
きっとあなたは大丈夫 誰より一人を知ってる
この言葉の意味すら超えてさ とても強い人だから

何千何万回繰り返した 自問自答の果てはどうだ
孤独だとか騙さだとか 私以外の誰もわかるはずがない
掃き溜めのなく光る宝石に その瞬きにうずくまって
でも一体私は誰なんだって 呼べるほど弱くはなくて

色褪せる誇りを知れたのは 誰でもなくあなたのせいで
僕はどれだけ何を与えることが できていたのでしょうか

この胸にこの歌一欠片の 灯りの意味を今言うよ
喜怒哀楽 全てが僕の譲れない光だってこと

どこにでも行けるはずだ その光に従って
何も言わずともきっと 君は知っているはずだろう
その一歩足を踏み出した あなたはとても強い人
誰も居ない道を行け 誰も居ない道を行け

疑うことばかり覚えた 僕らが立つ未来で
声を枯らして 叫びたい 叫びたいと
夢を歌うことすら忘れていたけれど
今どうしようもなく 伝えたい

忘れられるはずもないだろう 君の声が今も聞こえる
泣き笑い踊り歌う 未来の向こう側まで行こう

ひとりきりのこの道も 覚めない夢の行く先も
誰も居ない道を行け 誰も止められやしないよ
また一歩足を踏み出して あなたはとても強いから
誰も居ない道を行け 誰も居ない道を行け