星空之下

作詞:中孝介    作曲:鈴木秋則
星空の下で (ほしぞらのしたで)

波にゆらめく 星空の下で
なみにゆらめく ほしぞらのしたで
いつもの仲間と 時を忘れて
いつものなかまと ときをわすれて
けなし合っても 笑って許せた
けなしあっても わらってゆるせた
そこには優しい 愛があったから
そこにはやさしい あいがあったから

他愛も無いことで 泣いて笑って
たあいもないことで ないてわらって
そんな繰り返し ただそれだけで良かった
そんなくりかえし ただそれだけでよかった
僕らが感じてた あたたかい潮風は
ぼくらがかんじてた あたたかいしおかぜは
いつも変わらず 僕らを包んでた
いつもかわらず ぼくらをつつんでた

いつも日から僕は 変わってしまったのだろう
いつもひからぼくは かわってしまったのだろう
近頃あの頃ばかり振り返る
ちかごろあのころばかりふりかえる
ビルに囲まれ 人波に流れ
ビルにかこまれ ひとなみにながれ
空を見上げることさえ忘れ
そらをみあげることさえわすれ

時の流れは 僕を取り残し
ときのながれは ぼくをとりのこし
気付かずこの街で ただただ過ごしてた
きづかずこのまちで ただただすごしてた
星の光は まるで遠すぎて
ほしのひかりは まるでとおすぎて
さみしさ込み上げ 今夜も夢を見る
さみしさこみあげ こんやもゆめをみる

他愛も無いことで
たあいもないことで
泣いて笑って
ないてわらって
遠い日の出来ことを あの日の約束を
とおいひのできことを あのひのやくそくを
今の僕は 取り戻せるだろうか
いまのぼくは とりもどせるだろうか

他愛も無いことで 泣いて笑って
たあいもないことで ないてわらって
そんな繰り返し ただそれだけで良かった
そんなくりかえし ただそれだけでよかった
あの時見上げてた やさしい星空は
あのときみあげてた やさしいほしぞらは
今も変わらず 僕らを見つめてる
いまもかわらず ぼくらをみつめてる