ヒャクニチソウ (feat. 初音ミク&巡音ルカ)

作詞:フェイP    作曲:フェイP
君にもう一度ここで 愛を伝えられたらいいな

言葉を交わせば交わすほど
君と 開く 距離が怖くて
いつの間にか 視線そらしては逃げ出した
本当の気持ちに向き合えないまま

時間はめぐって 季節も過ぎゆき
ついに言いだせなくて
そよぐ風抜ける窓辺 見渡せば 丘に
百日草が咲いていた

緑映えるあの丘の上で
誓い合った永遠は
枯れ落ちる花と似て儚く
幻だと思い知った

君にもう一度ここで 愛を伝えられたらいいな
少し遅すぎたけれど
今ならちゃんと言えるから 素直な気持ちで
きみに、ありがとう と

互いを求めて絡まった蔦が
滑り落ちていくように
どんなに繋がっても 二人は二人で
一つにはなれない そういうものでしょ

甘い口づけも 交わす温もりも
所詮 刹那の夢で
何気ない一言で 全て砕け散って
傷跡だけが疼くよ

青く染まるあの空の先に
君がいるというなら
咲き誇る花のように凛と
想い この歌に乗せて

あの日 言えなかった言葉
ごめんねと 心から好きだよ
僕と君は「違う」から
何度でも叫ぶんだ この胸の痛みが
二人の愛の証拠

言葉がなくても 伝わるだなんて
それは君への甘えだった
もし あの日にもどれるとしたら
きっと やり直せるのにな

恋も人も必ず 散りゆく花と同じように
いつか消えてしまうから ずっと言葉にして残すんだ

君にもう一度
愛を ここで伝えさせて お願い
少し遅すぎたけれど

空に向かって歌えば 遠くまで届くかな

百日草が揺れる丘で 思いきり叫ぶよ
きみに、ありがとう と

大好きだよ

サヨナラ