平井大が100年後に残したい音楽:897Selectors#88

  • 邦楽
  • 男性アーテイスト
KKBOX編集室

アーティストたちが影響を受けてきた音楽や、100年後も誰かの心に残っていて欲しい曲をテーマにしたFMプログラム「KKBOX presents 897 selectors」(毎週木曜日20時からInter FMでOA中)。今回のセレクターは、1月31日にライヴ盤『LIVE TOUR 2017 ON THE ROAD』(CD/DVD/Blu-ray)をリリースした<平井大>さんをセレクターに迎え、音楽のルーツ、音楽を始めてから影響を受けた曲、100年後も誰かの心に残って欲しい曲、そして平井大の今!をうかがいました。さらに、ウクレレ弾き語りのスタジオライヴ生演奏も披露していただきました。

平井大の原点となった音楽

Surfin’ USA / The Beach Boys

1963年のヒット曲。

小さい頃から父親の車で毎週末、海に通っていて車の中でガンガンかかっていた曲です。自分の音楽にも少なからず影響しています。家や車の中で父親がかけていた洋楽が、自身の音楽体験の原点になっていたのだと思います。

10代、20代の節目となった音楽

California Love / 2 Pac feat. Dr.Dre & Roger Troutman

小学校の高学年からヒップホップやミクスチャーに興味を持ち、好きになったのがウエストコーストのラッパー、2Pac。ウエストコーストのヒップホップはメロディーが中心で、そこにリズムとしてラップが入ってくる感じが音楽的に面白いと思いました。

基本的にはメロディーが好きなんでしょうね、僕の場合。

What I Got / Sublime

ミクスチャーというところでは、サブライムは外せません。スケボーをやるときによく聴いていた曲です。他にシュガー・レイも好きで聴いていました。当時は反抗期だったんでしょうね。ちょっとワルい感じに憧れるというか。

音楽活動を始めてから影響を受けた音楽

I’m Yours / Jason Mraz

2008年のアルバム「We Sing, We Dance. We Steal Things」から。

この曲が出た時は衝撃でした。もともとカントリーもレゲエも好きで、そういった要素が絶妙に混ざり合っていて、シンプルで音数も少なく、ここまで表現豊かに音楽できるのが良いと思いました。

Blowin’ In The Wind / Bob Dylan

1963年のアルバム「Freewheelin’」から。

フォークもスゴく好きで、ボブ・ディランはギターと声だけでシンプルに表現できて、メッセージも届けられる。ディランのスタンス、音楽の表現の仕方には、スゴく影響を受けています。

100年後も誰かの心に残っていて欲しい音楽

Change The World / Eric Clapton

場所も時間も選ばず、いつ聴いてもイイなって思わせてくれる曲。ブルースなんだけどホッコリするし、聴き方によってはR&Bにも聴こえる。クラプトンのギターのプレイからも影響を受けています。

No Woman No Cry / Bob Marley & The Wailers

海に関連づいているビーチ・ミュージックの中で、ボブ・マーリィは外せません。彼の曲の中でもいちばん万人の心にフィットするというか、どの時代でもみんなに聴いてもらえてハッピーになれる曲だと思ってセレクトしました。

平井大の現在

Story of Our Life / 平井大

Life Is Beautiful / 平井大

tonight / 平井大

僕のミュージシャンとしての人生の中で、ライヴはいちばん大事にしている場所でもあるし、いちばん深く考えなければいけない部分でもあると思っています。シンガー/ソングライターとしてデビューした当時は、お客さんたちにこう見られたい、こういう自分だと表現したいというのが強かったんだけど、ここ2、3年は逆に、素のままの自分としてステージに上がるようになって。そうすると心がオープンになるから、お客さんもありのままの自分を好きになってもらえるようになってきたと思います。ライヴに限らず生きていく上で、素直にいること、伝えたいことをストレートに伝えることが大事だなと思えるようになってきました。

KKBOX編集室

KKBOX Japan編集室

関連アルバム

ギャラリー

関連記事